政府、「羽田空港 新飛行ルート」 日米の調整難航

 東京オリンピックパラリンピックに向けて、政府は、羽田空港の国際線の発着便を大幅に増やそうと、先に東京都心の上空を通過する新たな飛行ルートを2020年までに設ける方針を決め、関係自治体などを対象に説明会を開くなどして理解を求めています。

一方、この新たな飛行ルートは、在日米軍横田基地が航空管制を行う空域を一時的に通過することから、政府は、羽田空港を発着する航空機の上空通過を認めるとともに、航空管制も日本側が行うことを前提に、米国側と調整を続けてきました。

しかし、米国側が、ことし夏ごろになって、上空通過も日本側が航空管制を行うことも認められないという意向を伝えてきたため、飛行ルートが運用できないおそれが生じていることが政府関係者の話でわかりました。

このため政府は、危機感を強め米国側との協議を続けていますが、事態打開の見通しはたっておらず、政府内からは、安倍政権が掲げる外国人旅行者を2020年までに4000万人にするという目標に影響が及ぶことを懸念する声も出ています。

羽田空港の持っているポテンシャルを、米軍空域のために、発揮できないことは、残念です。日本政府には、粘り強く交渉を重ね、米軍から空域を、取り戻す努力をして頂きたいと思います。

var nend_params = {"media":42064,"site":228114,"spot":651078,"type":2,"oriented":1};